ざっきちょう。

アクセスカウンタ

zoom RSS テンニンギク。

<<   作成日時 : 2016/05/29 20:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

正式名はテンニンギクだそうです。

鹿児島では特攻花と呼ばれています。

画像


第二次世界大戦中に鹿児島県知覧町から沖縄へ出撃する陸軍特攻隊の

中継基地が喜界島にあり、ここから二度と戻らない

決死の飛行に飛び立っていった。夜明け前に出撃する特攻隊員に

テンニンギクの花束を渡したため、特攻花と呼ばれている。

戦後、基地は喜界空港となったが、現在も周囲には多くのテンニンギクが咲いている。


ってちょっと悲しい由来のある名前ですね。

が、このテンニンギクは喜界空港近辺に留まらず

どこにでも咲いています。

これがまた物凄く繁殖力があって

引っこ抜いても引っこ抜いても毎年根性で咲きます。

少し咲いてるくらいなら綺麗だな〜で終わるのに

そこかしこに当たり前のように咲いてるとただの雑草にしか思えない(悪いけど)

鹿児島はそろそろ梅雨入りしそうで毎日天気が悪いですが

大雨もなんのそのこの花は元気欲咲き誇っています。

その元気が羨ましい今日この頃。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは(^^)
花の名がそういう由来なのですね。
鹿児島県知覧町の基地があったのは
『永遠の0』で知りました。
繁殖力の強い草花、羨ましいですね(^^;)
宮古島にもそういう花がありましたが
お茶にして飲んだら元気にならないか?
なんて考えていました(^^;)
まやま@房総
2016/05/29 21:20
まやま@房総さん
お茶にして飲んだら元気にならないか
ひょっとしたら効果があるかもしれないですね。
むやみやたらに飲んでは困るけど。
らべ
2016/06/02 22:05
こんにちわ
だんだん、戦争の話が少なくなってきているので
鹿児島から沖縄の特攻隊に行かれた話を聞かせていただき
テンニンギクというお花がどんなに力を与えたか、、、、
永遠に0の本も家にあるのですが可哀想な話もあるので読めないでいましたが映画を観ました。鹿児島の人たちに優しく見送っていただいたんですね。
ロ〜ズ
2016/06/13 10:56
ロ〜ズさん
戦争とは言え国からの命令には逆らえず
飛び立って行った兵士や残された家族を思うと
本当に戦争なんてしちゃいけないと
考えさせられますね。
尊い命があんな形で失われるなんて
悲しすぎます。
らべ
2016/06/22 18:00
らべさん、言い伝えは知らなかったです。
あまり花の名前しらないのですが。
戦争で悲しい思いをした人を忘れないために、繁殖力強い花になってるのかもですよ。
でも、強すぎるは困りものですよね。
assam
2016/07/03 14:17
assamさん
そうですね、意図せず若い命を散らした
人の分まで繁殖力が強いのかもしれませんね。
雑草にも負けないくらいの強さですよ。
らべ
2016/07/04 07:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
テンニンギク。 ざっきちょう。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる